学術に関わる書籍やアイテムいろいろ KaLib Store

エンドレス・ウェブ ―身体の動きをつくり出す筋膜の構造とつながり―

税込価格:3,024円【送料別途】
出版社:市村出版
著者:鈴木三央/訳
ISBN:978-4-902109-20-7
サイズ B5/ページ数 160p
2010年5月10日発行発行

目次

PART I 出生前後の早期の発達
 1.発生学:結合組織への誘い
 2.発生学における初期の発達
 3.ヒト胚子の成長の要素
 4.中胚葉の組織の発達
 5.ヒト胚子の制限と初期の構造の組織化

PART II 身体の結合組織
 6.出産過程の影響
 7.新生児から幼児への発達の移り変わり
 8.筋膜の構造:生きている人の脊柱の解剖例
 9.運動と重力
 10.身体の輪郭
 11.情緒とくもの巣のような筋膜:身体意識と反応の様式

PART III 身体の支帯(バンド/ストラップ)
 12.胸郭のバンド:運動と動作の密接な関係
 13.鼠径部のバンドや他のバンドと関連する脊柱の構造と機能
 14.眼と顎のバンド
 15.径部のバンド、へそのバンド、鼠径部のバンド

PART IV 身体の構造と機能
 16.固有受容感覚:内的な身体意識
 17.上部体幹
 18.軸性の骨格
 19.骨盤と大腿部
 20.水平面と垂直面での筋膜構造の組織
 21.運動の相反関係
 22.関節

PART V 身体の構造と機能
 23. 結合組織の概念に基づいたボディーワークの実施

このページの先頭へ