学術に関わる書籍やアイテムいろいろ KaLib Store

日本外科学会出版書籍の紹介

税込価格:
8,000円【送料別途】
title_jss_002
平成27年度(2015年:第10回)、平成28年度(2016年:第11回)、平成29年度(2017年:第12回)の外科専門医予備試験(筆記試験)でそれぞれ実際に出題した問題をそのまま収載。
更に、「正答肢」「正答率」「識別指数」のデータと、平成29年度分については解説が掲載された試験対策に必携の一冊。
2018年4月発行
発行:日本外科学会 編著:日本外科学会
B5判/オールカラー/234ページ
ISBN:978-4-9908889-2-3

2012年、2013年、2014年収載版はこちら

ページサンプル

税込価格:
4,104円【送料別途】
医療訴訟事例から学ぶ
年間1,000件を超える医療過誤などによる訴訟。知識がないばかりに、防ぎえたかもしれない訴訟になることは、医師側・患者側双方にとって不幸なことです。
この本は、あらゆる診療科にて実際に医療過誤などから起きた訴訟から「情報漏えい」や「医師の過重労働」まで多岐にわたって、特に注目度の高い判例をベースに厳選した「47事例」をピックアップ。医療に精通した弁護士が徹底解析し、わかりやすく解説。「診断、治療、説明義務、患者管理、救急…」など、全7項目に分類されているため、手引きとして診療ガイドラインなどとともにお手元に置いて、いつでも参照できるものになっております。病院経営者、チーム医療に関わる者、ほかすべての医療関係者が、明日から現場で活用できるノウハウが満載の1冊です。

2016年4月発行
発行:日本外科学会 編著:日本外科学会
B5判/2色/132ページ
ISBN:978-4-9908889-0-9

事例紹介(一部本文をお読みいただけます)

ページサンプル

このページの先頭へ