学術に関わる書籍やアイテムいろいろ KaLib Store

医療訴訟事例から学ぶ(編著:日本外科学会)

税込価格:4,104円【送料別途】
発行:日本外科学会
編著:日本外科学会
ISBN:978-4-9908889-0-9
サイズ B5判/2色/132ページ
2016年4月発行
電子版はこちら 電子版価格:4,100円

年間1,000件を超える医療過誤などによる訴訟。知識がないばかりに、防ぎえたかもしれない訴訟になることは、医師側・患者側双方にとって不幸なことです。

この本は、あらゆる診療科にて実際に医療過誤などから起きた訴訟から「情報漏えい」や「医師の過重労働」まで多岐にわたって、特に注目度の高い判例をベースに厳選した「47事例」をピックアップ。医療に精通した弁護士が徹底解析し、わかりやすく解説。
「診断、治療、説明義務、患者管理、救急…」など、全7項目に分類されているため、手引きとして診療ガイドラインなどとともにお手元に置いて、いつでも参照できるものになっております。病院経営者、チーム医療に関わる者、ほかすべての医療関係者が、明日から現場で活用できるノウハウが満載の1冊です。

事例紹介(一部本文をお読みいただけます)

掲載内容

第1章 診断

まとめ

  1. 慢性疾患で通院中の患者について,特異的な症状がないことを理由として大腸癌を疑って検査を行うべき過失が否定された事例
  2. 難治性疾患における診断について,前医は過失を肯定されたが,後医は過失を否定された事例
  3. 多発脳動脈瘤の患者について術後早期に脳血管撮影検査等を行わずに未治療破裂脳動脈瘤の再破裂で死亡した事例
  4. 妊娠していた患者に投薬とレントゲン撮影を行った結果,人工妊娠中絶手術を受けた事例
  5. 診察した当直医が非専門医である場合に,専門医と同等の診断をすることは困難である等として,過失を否定した事例
  6. 小児結核について,医師がより専門性を有する医師に相談したり,転医させなかったことについて過失があるとされた事例

第2章 治療

まとめ

  1. 急性喉頭蓋炎と診断された患者について,気道確保の時期を逸しないための監視体制が問題となった事例
  2. 肺癌切除術の合併症による大量出血に伴い出血性ショックにより患者が死亡した事例
  3. 虫垂切除術後の腹腔内出血に施行された緊急開腹止血術が起因する反復性術後イレウスの事例
  4. 硬膜外麻酔に伴う穿刺後に発生した歩行不能の訴えについて過失が否定された事例
  5. アレルギー性鼻炎に対するレーザーによる下鼻甲介粘膜切除術で下鼻甲介の一部に欠損が生じた事例
  6. 胃癌摘出手術を受け,十二指腸断端部付近に生じた穿孔から多臓器不全になり死亡したが,医師の過失が否定された事例
  7. 治験に参加した患者が,当該医師の適正診療義務違反及びこれに付随する説明義務違反が否定された事例
  8. 医薬品の添付文書に記載された使用上の注意事項に従わなかったが,それには合理的な理由があるとして,過失が推定されないとされた事例

第3章 説明義務

まとめ

  1. 未破裂動脈瘤の予防的治療として開頭術を施行しその合併症で患者が死亡した事例
  2. 不成功に終わったインプラントについて説明義務違反が認められた事例
  3. 突然死の危険がある患者に対し,医師が強く入院精査を勧めるべき義務を怠ったとされた事例
  4. 麻酔を受けた患者に,下肢の疼痛,痺れ等の症状が生じる危険性等についての説明義務違反が認められた事例
  5. C型肝炎ウイルス検査についての医師の説得義務違反が認められた事例
  6. 先端的治療法につき,その説明が不十分であるとして,説明義務違反が認められた事例
  7. チーム医療の主治医の患者への説明が不十分であった場合における,当該チームの総責任者の説明義務違反が争われ,否定された事例
  8. 自律神経失調症のため休職中の患者に対する産業医の発言が不適切であるとされた事例

第4章 患者管理

まとめ

  1. 睡眠薬の投与を受けている入院患者が,病院内で転倒したことにつき病院の過失が否定された事例
  2. 入院患者のベッドの頭部上に設置された医療器具について,落下を防止すべき安全配慮義務違反が肯定された事例
  3. 精神科の開放病棟に入院中のうつ病患者の自殺事故を防止するための,監護・監視義務違反が否定された事例
  4. 医療法人が開設する介護施設内の転倒事故について転倒防止義務違反が認められたが,転院先病院内での誤嚥事故の義務違反は否定された事例
  5. 精神科病院において身体拘束時に発症した肺血栓塞栓症が原因で死亡したことにつき賠償責任が否定された事例
  6. 呼吸器疾患で入院した患者が,入院中に自殺したことにつき,自殺の予見可能性が否定された事例
  7. 看護師が抑制具であるミトンを使って入院患者の両上肢を拘束したことが,診療契約上の義務に違反しないとして賠償義務が否定された事例
  8. 患者が術後に低酸素脳症になったことにつき,医師らに術後管理上の過失があったとされた事例
  9. 入院中の患者が,病院の4階のベランダから投身自殺をして死亡したことにつき,一般病棟に入院させ続けたことに過失等はないとして賠償請求が否定された事例

第5章 救急

まとめ

  1. 救急搬送された患者に対する臨床研修医の対応に過失があると判断された事例
  2. 患者が診療を拒否した場合における医師の説明義務に関する事例
  3. 医師の多忙により肺塞栓症の確定診断が遅れた事例
  4. 急性喉頭蓋炎の疑いで気管挿管が困難な場合に,救急医療機関に転院すべき義務が争われた事例
  5. 交通事故で搬送されてきた患者が死亡したことにつき,医師の医療行為に過失があるとされた事例

第6章 因果関係

まとめ

  1. 肝硬変の患者につき,肝細胞がんを早期に発見するための検査を実施しなかった不作為(注意義務違反)と,患者の死亡との間に因果関係が認められた事例
  2. 麻酔医に麻酔薬の投与量を調整すべき注意義務を怠った過失があり,同過失と死亡との間に因果関係が認められた事例
  3. 医師の過失と死亡の結果との間に因果関係は認められないが,延命できた「相当程度の可能性」があったとして,当該可能性が侵害されたことについて慰謝料が認められた事例
  4. 患者を適切な医療機関へ転送していれば,重大な後遺症が残らなかった「相当程度の可能性」があったとして慰謝料が認められた事例

第7章 医師法,労務管理

まとめ

  1. 死因解明を目的として,死亡した患者の担当医師が,遺族の承諾を得ずに,死体から細胞を採集したことにつき遺族に慰謝料が認められた事例
  2. 死体を検案して異状を認めた医師が,異状死としての届出を怠ったとして,医師法21条の届出義務違反の罪に問われた事例
  3. 医師が診療情報を患者の事前の同意なくして漏えいした行為について,損害賠償請求が一部認められた事例
  4. 麻酔科医師が自宅で突然死したのは過重労働が原因であるとして,勤務していた病院を経営する自治体に対する,安全配慮義務違反を理由として,損害賠償請求が認められた事例
  5. 産婦人科医の年間100日以上にわたる宿日直勤務及び宅直勤務について,時間外労働として労働基準法37条に基づき割増賃金の支払を請求し,一部が認められた事例
  6. 医療従事者間のいじめが原因で自殺したことについて,いじめ行為を行った看護師及び病院に対する損害賠償が認められた事例
  7. 病院の従業員にX線装置の使用を伴う内視鏡検査の補助業務を行わせるにあたり,放射線線量を測定しなかったとして,病院理事長が労働安全衛生法違反の罪に問われた事例
このページの先頭へ